3 学校経営の概要


(1) 学校教育目標

  心豊かで,かしこく,たくましい子どもの育成
   < 具体目標(めざす児童の姿)>

   ・ ほ 本気で相手の気持ちを考え、友だちと協力する、心豊かな子ども 
   ・ さ 最後までやりぬく、たくましい心と体の子ども
   ・ か 考えをもち、進んで学習する、かしこい子ども

 ◎ めざす学校の姿
  ○ 明るく楽しい学校
   
・ ふれあう楽しさ
   ・ 分かる楽しさ
   ・ がんばって成し遂げた満足感
  ○ 一人一人の存在が大切にされる学校

  ○ 保護者・地域の人々から信頼され共に歩む学校

 ◎ めざす教師の姿
  ○ 愛情に満ち,一人一人の子どもを大切にする教師
  ○ 豊かな人間性をそなえ,専門識としての識見を高め,実践する教師
  ○ 穂坂小職員組織の一員としての使命と責任を自覚し、協働する教師


(2) 学校経営の方針
  (1)知・徳・体の調和のとれた「生きる力」の育成をめざし、地域や学校、児童
     の実態を生かした特色ある教育課程の編成と実施に努める。
  (2)確かな学力の定着を図り、主体的に学習に取り組む態度を養う。

  (3)適切な児童理解や心の居場所づくりに努め、心の触れ合いを重視し、自己の
     生き方についての考えを深める生徒指導を行う。
  (4)体育・健康・安全についての基礎・基本となる資質や能力を育成する。
  (5)個のニーズに応じた特別支援教育への環境整備と指導の工夫を図る。
  (6)家庭や地域に開かれた信頼される学校づくりの推進に努め、家庭や地域と連
     携して教育効果を高める。


(3) 本年度の努力点
 (1)確かな学力の向上
   @学習指導要領の趣旨を生かし,各教科等及び学年相互の関連と調和を図った指導計画
    の改善と実施に努める。
   A個に応じた指導,指導方法の工夫・改善や体験的な学習により,分かりやすい授業,
    意欲化につながる授業に努める。   
      B国語科を中心に「言語活動の充実」を目指し,「聞く・話す・読む・書く力」を高める
    とともに,コミュニケーション能力の育成に努める。
   C学習の課題や目的に応じて,ICTを適切に活用した授業を工夫する。
   D朝学習(わかこま学習)の効果的活用を図ると共に,家庭と連携し,家庭学習の習慣化
    を図る。   
     E積極的に地域素材や人材の活用を図り,地域理解や郷土愛を深める教育に努める。
   F校内研究や研修の充実に努め,日々の実践に生かすと共に,職員の資質を高める。

 (2)心の教育の充実
   @道徳の時間を要とし全教育課程を通じて,自他を認め,よりよく生きていこうとする態度,
    最後までやり通す態度の育成に努める。
   A児童一人一人の心と向き合い,家庭と連携し,いじめや不登校の早期発見と対応に努める。
   B学級や縦割り班などの集団活動や豊かな体験活動を通して,児童相互のよりよい関係づくりと
    豊かな心の育成に努める。
      C読書タイムや読書活動,わかこま音楽の充実を図り,豊かな感性を培う。
   D道徳実践活動月間やふれあい道徳の授業等の実践を通して,しなやかな心の育成に努める。

 (3)健康・安全教育の充実
   @体育の時間はもとより,わかこま体育や休み時間を通じて,運動の楽しさを味わい,進んで
    運動に親しむ態度の育成に努める。
   A学級活動や保健の時間を中心に,実践力につなげる安全・健康教育に努める。
   B給食の時間を中心に食に関する指導の充実を図り,健康で安全な生活を送る実践力を育てる。

 (4)特別支援教育の充実
   @一人一人の障害や発達段階,特性に応じた指導計画を立案し,特別支援コーディネーターを
    中心に教職員,保護者・関係機関が連携し,児童が成就感を味わい自信を持てる指導に努める。
   A全教職員が特別支援教育についての理解を深め,全校で互いに認め合い尊重できる人間関係の
    構築に努める。 

 (5)信頼される学校づくり
   @各種たよりやホームページ・緊急メール配信等により,タイムリーに情報を発信したり,
    学校評価の結果を公表したりして説明責任を果たすと共に,保護者や地域との直接的な交流に
    努め,学校教育への理解と協力が得られるようにする。
   A危機管理マニュアルの改善・充実を図り,職員・児童・保護者の危機管理意識を高める。
    特に,登下校の安全や生活習慣の確立について,地域・家庭との連携により効果を上げる
    よう努める。


         ***平成28年度の重点指導項目***

 
 ○確かな学力の向上
      @学習意欲の向上(分かる喜びが実感できる授業の創造,わかこま学習の充実)
      A家庭学習の定着(宿題や家庭学習の取組の工夫改善)
 
    ○心の教育の充実(思いやりの心の育成を意識した指導)
      @互いを認め合う学級づくり(学び合う授業,QUテストの活用)
    A小規模校を活かした児童のつながり(縦割り班活動充実,他学年との交流)
 
    ○基本的生活習慣の確立
      @きまりを守る意識の向上(ていねいな指導と評価)
  
 
(4) 校内研究
  @ 平成28年度 研究主題
   「自ら学び,考える子どもの育成」
    〜 英語教育を通した主体的な学びのあり方 〜

  A 研究内容
    ○児童の主体的な学びを目指した英語教育を検討する
   
       ○外国語活動、英語科の教材研究を日常に生かし、授業を充実させる


  
   



もどる